Top/カースアークエギル

カースアークエギル

Last-modified: 2020-04-03 (金) 19:51:53
HTML convert time: 0.010 sec.

boss_05_banner.jpg

ストーリー3章のボス。上級ではキャラクターアルムを低確率でドロップする。

 

クエスト概要  

 クエスト名 カースアークエギル 中級カースアークエギル 上級
 消費スタミナ 1316
 推奨属性 
 制限時間 10分10分
 初回クリア報酬 星導石×15個星導石×15個
 SSランククリア報酬 星導石×15個星導石×15個
 取得RP 不明不明
 取得経験値 不明不明
 獲得アイテム 通常枠:カースアークエギルの銀貨
レア枠:カースアークエギルの金貨
通常枠:カースアークエギルの銀貨、カースアークエギルの金貨
レア枠:キャラクターアルム
 取得アイテム(下段) 不明不明
 開始条件 不明(ストーリー3章クリア?)不明(ストーリー3章クリア&中級クリア?)
 推奨戦力 調査中調査中

 

攻略  

ボスの攻撃内容  

※ダメージ値や秒数は「ひとりで遊ぶ」時に計測したものなので、マルチ時には異なる場合がある。
 また、ダメージ値は非有利属性のキャラクターで耐性アップを付けずに被弾して計測したもの。

 

ボスの行動パターン  

 

攻略のポイント  

超級攻略メモ
エギル超級最大の特徴として、ワンパン対策なのか新スキル「カースバウンド」による蘇生復活新スキル「カーススプリット」による分身生成が挙げられる。
以下、新スキルの特徴

  • カースストリーム
    • 回避不可の全画面対象技。開幕時&下記のカースバウンドでの復活直後に確定で使用し、パーティ全員に闇耐性低下と攻撃低下。
    • 戦闘が長引くと弱点つきカウント行動としても使用する。弱点は5か所で、阻止に失敗すると上記の効果に加え固定666ダメージの毒もくらう。HP残量が心もとない時は特に注意。
    • デバフの持続が非常に長く、おそらくは戦闘中永続。そのためデバフ解除スキルがないとデバフの重ね掛け効果によって火力も耐久力もガタ落ちした状態で後半戦を戦う羽目になる。
  • カースバウンド
    • 超級最大の特徴。HPが0になった際にHP全快状態で自動復活。復活は2回行うため実質3連戦となっているが、超級アイコンのエギルが3体いることからある程度は察せられる…はず。
    • 余談だが、カースアークエギルはメインクエスト6章でもオロチの前哨戦として3体同時に出現してくるクエストがあり、自身が3章の締めのボスということもあって3という数字に縁のあるボスである。
  • カーススプリット
    • 超級の特徴その2。自身より濃いカラーリングの影分身を最大2体まで生成する。マルチプレイ時に通信環境が重いプレイヤーが混じっていると処理の都合か1体しか出してこないこともある。
    • 分身はその場固定で大型弾を前方に発射する。軌道は単純だがその分威力がかなりえげつなく、直撃すると2000以上の大ダメージを食らう。
    • 分身を2体とも倒すことが行動パターン変化のトリガーになる模様。本体は分身の前後をワープ移動しながら扇状の高速波動攻撃を正面に飛ばしてくる。
  • サモンコール
    • 毎度おなじみのちびエギル召喚。超級ということもあってそこそこ耐久が高く盾役も兼ねている模様。
    • 上述のカーススプリットで出現する分身を取り囲むように召喚されることもあり、かなり邪魔くさい。
  • カースマイン
    • こちらもエギル系おなじみの予告マーク発生からの爆発攻撃。大爆発に加え爆破地点に滞留弾も残るため完全に回避しきることは難しい。
  • カースクォーター
    • 新スキル。上記の弱点つきカースストリームの直後に続けざまに使用する。こちらも弱点つきカウント行動で弱点は3か所。
    • 阻止に失敗すると超特大の単発弾が隕石のごとくこちらめがけてふってくる。直撃すると実に4000台の大ダメージ。
    • こちらを追尾する不死王レシタールのデスソウルよりはダメージも少なくよけやすく見えるが、上述のちびエギルや分身で画面がふさがって身動きがとりにくくなった状況を狙って使ってくる罠。

 

オート周回構成  

 

コメントフォーム  

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ワンパン対策の残機は理解するし、手動なら回避の容易い技が多い構成も何となく分かる。ゆったりしたワープ連発はなぜ残した……? -- 2020-03-29 (日) 01:19:23
お名前:


ワールドフリッパー攻略Wiki - PukiWiki 1.5.2 © 2001-2019 PukiWiki Development Team.