Top/ユナ

ユナ

Last-modified: 2020-03-05 (木) 09:59:17
HTML convert time: 0.019 sec.

 

基本情報  

「やったぁ!またレベルアップしたね」
「う~ん…やりすぎちゃったかなぁ」

進化前進化後
ユナ.png&ref(): File not found: "ユナ_進化.png" at page "素材置場";
レアリティ属性タイプ種族
(性別)
声優Lv60時HP / Lv100時HPLv60時攻撃力 / Lv100時攻撃力
★★★雷_icon.png
剣士_icon.png剣士

(女性)
洲崎綾2203 / ???568 / ???
名称効果スキルウェイト
スキルランブル・ソード最も近い敵に向かいながら双剣で乱舞し、自身の周囲に雷ダメージ【自身の強化効果数に応じてダメージアップ】350 (300)
リーダースキル世話焼きお姉さん10コンボ以上の間、雷属性キャラの攻撃力 +65% (+90%)
アビリティ効果
1自身の攻撃力 +10% (+20%)
215コンボ以上の間、自身の攻撃力 +22.50% (+45%)
3メインキャラに編成時、自身が攻撃力アップ効果中の間、自身の直接攻撃を2回にして、その合計ダメージを +10% (+20%)
フレーバーテキスト揺らぎの迷宮に挑む、双剣使いの少女。困っている人を見ると放っておけない性格で、なかなか迷宮探索が進まないらしい。

青字は初期値 (赤字はマナボード最大強化時及び進化後の値)

 

総評  

  • 非常にシンプルなアタッカー。突撃系では最軽量のスキルウェイトにひたすら火力増しのアビで、ダメージ効率を確実に上げてくれる。
    基礎ステータスも火力高めだが、その反動でHPは低い。特に攻撃重視のリーダーのユニゾンに置いた場合はHPを確認すること。
  • リーダースキル以外に属性縛りはないので出張は容易。軽量の突撃スキルが欲しい場合は呼び声がかかりやすい。
     

スキルとアビリティの詳細解説  

スキル  

最も近い敵に向かいながら双剣で乱舞し、自身の周囲に雷ダメージ【自身の強化効果数に応じてダメージアップ】|350 (300)

  • 敵に向かいながら攻撃し続ける、いわゆる「突撃系」のスキル。自動で方向修正して切り刻む上、攻撃し終えるまで接敵し続けるので扱いやすい。
  • 「最も近い敵」とあるが、優先規準はボス>雑魚。
    オロチのようにボスターゲットが複数いる時は至近のボスを、雑魚敵しかいない時は至近の雑魚敵を狙うが、
    ボスが一体しかいないなら、たとえボスが雑魚敵を召喚した場合でも問題なくボスに向かって行く。
    また雑魚も含めて全ての敵を一掃(ワープでの一時消失含む)すると真上に動くが、その状態で再度敵が出現すると敵のいる方向に移動先が修正される。
  • 突撃系スキル自体はシロミュウキーラアスキリマルと他にも所持者がいるが、ユナはその中でもっともスキルウェイトが軽い。
    突撃系という括りを抜いてもトリスタとタイで4位。ユニゾン選考の際はこれが大きな強みになる。
     

リーダースキル  

10コンボ以上の間、雷属性キャラの攻撃力 +65% (+90%)
 

1アビ  

自身の攻撃力 +10% (+20%)

 

2アビ  

15コンボ以上の間、自身の攻撃力 +22.50% (+45%)

  • 単体でもスキルのヒット数がそれなりに多い上、ユニゾン相手もいることを考えるとスキル発動時はほぼ確実にこのバフが載る。

 

3アビ  

メインキャラに編成時、自身が攻撃力アップ効果中の間、自身の直接攻撃を2回にして、その合計ダメージを +10% (+20%)

 

相性の良いキャラ  

 

パーティ構成例  

構成例テンプレのパーティ  

メインキノ_icon.png
キノ
キノ_icon.png
キノ
キノ_icon.png
キノ
ユニゾンキノ_icon.png
キノ
キノ_icon.png
キノ
キノ_icon.png
キノ
武器キノ武器キノ武器キノ武器
アビソウルキノソウルキノソウルキノソウル
  • ここにパーティ構成の解説を書いてください。

 

入手方法  

 

コメントフォーム  

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • いわゆる「突進型」スキルかつ超軽量。アビリティもそれなりでキノやミュウなどと同枠でユニゾンとして使われる場面が多い。 -- 2019-12-12 (木) 14:30:59
  • 羊と会話できる(?) -- 2020-01-09 (木) 13:43:37
お名前:


ワールドフリッパー攻略Wiki - PukiWiki 1.5.2 © 2001-2019 PukiWiki Development Team.