Top/シレーヌ

シレーヌ

Last-modified: 2020-06-28 (日) 15:34:50
HTML convert time: 0.022 sec.

 

基本情報  

「ここに勝利時のセリフ」

進化前進化後
シレーヌ.png&ref(): File not found: "シレーヌ_進化.png" at page "素材置場";
レアリティ属性タイプ種族
(性別)
声優Lv80時HP / Lv100時HPLv80時攻撃力 / Lv100時攻撃力
★★★★★水_icon.png
射撃_icon.png
射撃

(女性)
桑島法子3306 / ???720 / ???
名称効果スキルウェイト
スキルヴォルフスティンガー最も近い敵に向かって多段式弾道ミサイルを撃ち込み、その周囲の敵に水ダメージ/自身の攻撃力アップ効果530 (480)
リーダースキル鋼の意志水属性キャラの攻撃力 +30% (+40%) & 直接攻撃ダメージ +40% (+60%)
アビリティ効果
1自身の攻撃力 +10% (+20%)
/パーティ全体の攻撃力アップ効果の効果時間 +7.5% (+15%)
2自身が攻撃力アップ効果中の間、パーティ全体の攻撃力 +10% (+20%) & 直接攻撃ダメージ +10% (+20%)
3メインキャラに編成時、自身がHP50%以上の間、水属性キャラの直接攻撃ダメージ +30% (+60%)
/メインキャラに編成時、自身がHP80%以上の間、自身の直接攻撃ダメージ +60% (+120%)
フレーバーテキスト大陸の殆どが水没した世界において、僅かに残った陸地を統括する『大陸政府』の軍将校。その圧倒的なカリスマにより多くの部下を従える、鉄血の女。

青字は初期値 (赤字はマナボード最大強化時及び進化後の値)

 

総評  

  • 3アビの都合で、メインとユニゾンで立ち位置が変わってくるキャラ。
    直接攻撃ダメージを対象とした強化が目立つ点は共通なので、スキルで圧殺するより格闘パワフリなどで殴り倒す構成向きか。
    • ユニゾンの時点では攻撃力アップ効果の軸としたバッファー。この効果が起動条件となるスキルは多い。
      自身のスキルで攻撃力アップがかけられるので仲間頼みにもならず、効果対象にも属性縛りがないので出張も容易と扱いやすい。
    • メインになるとこれに加え、3アビで2段階の渾身で直接攻撃ダメージをさらに増強する。
      2段階目の判定基準が80%とアリス並にキツく、1段階目も効果対象に水属性縛りが付くなど運用の自由度はかなり落ちるが、
      2段階目起動中は非リーダー時でも自身の直接攻撃ダメージ+200%まで伸びる。この破壊力と介護の手間を天秤にかけて配置を考えよう。
       

スキルとアビリティの詳細解説  

スキル  

最も近い敵に向かって多段式弾道ミサイルを撃ち込み、その周囲の敵に水ダメージ/自身の攻撃力アップ効果|530 (480)

 

リーダースキル  

水属性キャラの攻撃力 +30% (+40%) & 直接攻撃ダメージ +40% (+60%)

 

1アビ  

自身の攻撃力 +10% (+20%)
/パーティ全体の攻撃力アップ効果の効果時間 +7.5% (+15%)

 

2アビ  

自身が攻撃力アップ効果中の間、パーティ全体の攻撃力 +10% (+20%) & 直接攻撃ダメージ +10% (+20%)

 

3アビ  

メインキャラに編成時、自身がHP50%以上の間、水属性キャラの直接攻撃ダメージ +30% (+60%)
/メインキャラに編成時、自身がHP80%以上の間、自身の直接攻撃ダメージ +60% (+120%)

 

相性の良いキャラ  

  • ファフ
    メイン配置時の盾役候補。特にシレーヌ以外の殴り役にアリスを置いた場合は2人とも守れる彼が必須。
    ファフ自身もスキルで攻撃力アップ効果を使う上、開幕時から身代わり効果を活かすために確実に装備されるオケアノスの槍の有用性もシレーヌがより高めてくれる。

 

パーティ構成例  

構成例テンプレのパーティ  

メインキノ_icon.png
キノ
キノ_icon.png
キノ
キノ_icon.png
キノ
ユニゾンキノ_icon.png
キノ
キノ_icon.png
キノ
キノ_icon.png
キノ
武器キノ武器キノ武器キノ武器
アビソウルキノソウルキノソウルキノソウル
  • ここにパーティ構成の解説を書いてください。

 

入手方法  

 

調整履歴  

 

コメントフォーム  

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

お名前:


ワールドフリッパー攻略Wiki - PukiWiki 1.5.2 © 2001-2019 PukiWiki Development Team.